メタボリック症候群@情報館



薬剤師が転職を考える時


薬剤師に限らず、転職を考える理由というのは、働いている以上、何かしらの悩み、目的、希望があり、転職を考えるものですが、薬剤師さんの場合は、どういう場合に転職を考えるのか?

やはり、薬剤師という仕事をしていても、今より待遇のよい職場に行きたい、今より、給料が良い場所、または、自分の生活スタイルにあった職場が良い等、転職理由は、様々ですが、中には、今よりも自分の薬剤師としての知識を活かし、よりキャリアを高めたいという思いから、転職を考える方もおられるでしょう。

また、何か高い目標がある方は、その目標に向け、その目標を達成するために、転職を考えるという方もおられると思います。 もちろん、こうした『新たな目的』に向け、転職を考えるという方ばかりではなく、職場における何らかのトラブルにより、その職場から、離れたい、逃げたいという方も少なくありません。

つまり、薬剤師として、転職を考えるという場合、その転職の理由は、『新しいものへのチャレンジ』『目的に向け』というポジティブな理由だけでなく、『逃げたい』『つらい』というネガティブな理由により転職を考える方もやはり多いというのが現実です。

ただ、理由がある転職は、致し方ない部分もありますが、転職をするにあたり、『何となく』転職をする、というのだけは避けるべきかと思います。 何となく、という理由だけで、転職をする場合、やはり新たな職場に言っても、何となく辞めたい、仕事に中々身が入らない、という事が、十分に考えられますから、転職を考える時は、やはり何か、目的を持ち、転職をきちんと考えた上で、決断すべきでしょう。

主に、薬剤師が転職を考える理由が、ポジティブな目的、希望によるものが多い反面、職場における人づきあい等によるトラブル等が原因のネガティブな理由も多いという事ですが、あくまで転職を決断する場合は、やはり『何となく』ではなく、どんな目的でも、目的を持ち、転職を考えられるほうが失敗しない転職ができる事となります。

中には、お子さんのために、もっと薬剤師の資格を活かしたい気持ちを抑えつつ、今の職場で我慢していたが、子供も手を離れたのを機に企業で活躍したいという薬剤師さんもおられますから、このように、『薬剤師としての経験&知識を活かす』という目的を持ち、転職等を考えられるほうが、失敗しない転職ができる事となるようです。 また、自分の経験、知識を活かした薬剤師職を手にするためには、薬剤師さんは、薬剤師専門の転職支援サイト等を活用し、コンサルタントの力を借りつつ、自分の希望の職場を見つけられるほうが、より希望にマッチする仕事が実現できる事となります。(薬剤師の就職・転職についてはコチラのサイトも参考にするといいでしょう。) あと薬剤師以外の一般事務の転職などはこちらも見てみて下さい。