メタボリック症候群@情報館


酢でメタボ予防

酢は健康に良いことで知られていますが、最近、酢はメタボの予防にも効果があることが研究で分かり、また酢への関心が高まっています。酢は疲労回復の手段として用いられることがあり、酢の中に含まれるクエン酸は、疲労の原因となる乳酸を分解するため、血行の循環不良をおさえたり、疲労のもととなる乳酸をおさえる効果があるとされています。

酢のメーカーとして知られるミツカンは、平均体重74.4kg、BMI(体重/身長の2乗)が25〜30、血中中性脂肪が100〜250mg/dlで、日本肥満学会が定める「肥満」の部類に入る、25〜60歳の男女175人(男性111人、女性64人)に12週間酢を摂取してもらい、内臓脂肪、血中中性脂肪、腹囲の変化を調べました。1日あたり食酢15ml(大さじ1杯)を摂取する群、食酢30ml(大さじ2杯)摂取する群、プラセボ(擬似食品)を摂取する群の3つのグループに分け、接種開始から12週間後にCTスキャンを行い、腹部の脂肪面積を測定したところ、食酢30mlを摂取した群が一番減少幅が大きかったそうです。

ミツカン広報室の担当者は、「酢の内臓脂肪や血中中性脂肪への効果が確認され、メタボリックシンドロームの予防と、軽度の場合は改善も期待できる」と語っているそうです。有効成分は酢の主成分「酢酸」なので、リンゴ酢、穀物酢、米酢、黒酢、どれでも同じ効果があるそうですが、酢をそのまま飲むわけにも行かないので、水やお湯で5倍以上に薄めて飲むか、ジュース、牛乳と混ぜたり、ハチミツを加えて飲むと良いみたいです。酢酸は熱に強いので、料理に使っても効果が期待できます。

ただ、摂取を止めると脂肪の割合が元に戻った、という調査結果も出されています。このため、一時的ではなく、酢は継続的に摂取する必要があるようです。

[スポンサードリンク]
ラパルレでダイエットエステ始めませんか!?
メタボのアナタはダイエットエステへ行こう!今ならやすーいコースも多数!