メタボリック症候群@情報館


PADについて

PADは、言ってみれば、足のメタボです。PADとは末梢動脈疾患のことで、足の血管の動脈硬化により、血管が狭くなったり、詰まったりして血流が悪くなる病気です。最近、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞など、動脈硬化による疾患が増えていますが、PADも同様に増えていて、決して稀な疾患ではありません。足の血流が悪くなることで、足がしびれや痛みを感じ、歩きにくくなったりします。

PADが悪化すると、足に潰瘍ができたり、壊死したりするケースもあり、最悪、足を手術しなければいけない場合もあります。PADの患者は、同じ動脈硬化による狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などを合併することも多いので、注意が必要となります。PADの症状は、重症度によって4段階に分かれます。
・T度=無症状か、足がしびれたり、冷たく感じる。
・U度=少し歩くと足が痛くなり、歩けなくなるが、少し休むとまた歩けるようになる。
・V度=じっとしていても足に痛みを感じる。・W度=足の皮膚がただれたり、壊死する。

PADは、血管の病気なので、血管外科、循環器科で診療されます。PADの疑いがある場合、股の付け根、膝の裏、足首の脈拍の強弱の確認などを行い、直接触れたり、聴診器で音を聞いたりすることで血流の状態を調べます。治療には、薬物療法、速歩や軽いジョギングなどの筋肉運動による理学療法などが行われますが、症状が重い場合、狭窄や閉塞した動脈の先に血液が流れるように、人工血管や患者自身の血管を用いて血管をつなぎあわせるバイパス手術や、カテーテルにより狭くなったり詰まっている血管をふくらませる、などの外科的手術が行われます。

PADは、喫煙習慣や糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病により、動脈硬化が進行することで症状が現れることが多いものです。このため、まずはこうした生活習慣病の予防に努めることが、PADの予防にもつながります。





当サイト人気コンテンツ

メタボ解消運動
メタボリックシンドロームの予防や治療のためには、まずは、運動が有効でしょう。別の言い方をすれば、メタボ検診などで検査される項目も、運動により、いかに改善されているかが数値で確認しやすいものです。まずは・・・ 続きを読む

メタボの基準値
メタボリックシンドロームとは「代謝異常を引き起こす病気が重なっている状態」とされます。メタボリックシンドロームのメタボリックとは、元は代謝を意味するメタボリズムの事で、代謝異常や代謝障害という意味です。これに・・・ 続きを読む

メタボ対策レシピ
メタボ対策としてふさわしい食材とレシピを紹介しましょう。
■いわし料理=いわしには良質なたんぱく質や脂肪・ビタミンD含まれ、いわしがもつカルシウムやチーズのカルシウムの吸収を助けるため・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 予防と改善について
★ 生活習慣と食生活
★ エクササイズで解消
★ 内蔵肥満とは
★ 有酸素運動で予防
★ 食生活改善で解消