メタボリック症候群@情報館


メタボ対策のレシピ

メタボ対策としてふさわしい食材とレシピを紹介しましょう。

■いわし料理=いわしには良質なたんぱく質や脂肪がふくまれています。また、ビタミンDが含まれ、いわしがもつカルシウムやチーズのカルシウムの吸収を助けるため、効率よくカルシウムが摂取できます。いわしのチーズグリルがお奨めです。

■サーモン(鮭)料理=サーモンにはビタミンD、ビタミンB群が豊富に含まれています。また、サーモン特有の赤い色素アスタキサンチンはカロテノイド色素の1種で、抗酸化作用があります。サーモンのムニエルがお奨めです。

■いか料理=イカは、低脂肪、低カロリー、高たんぱくなのでダイエット向けです。また、タウリンが多く含まれ、血中のコレステロールを下げ、中性脂肪を減らし、血圧を正常に保つ働きがあります。ジャガイモやサトイモ、さつまいもなどと一緒に煮付けるとおいしく食べられます。

■豚肉料理=豚肉はビタミンB1とB12が多く、B1には疲労回復効果があります。ポークソテーがお奨めです。 オードブルとしては、キャベツ、トマトなどを使ったものがお奨めです。キャベツは、胃腸の働きを整え、これ以外に疲労回復や抗菌作用もあり、さらに肌荒れにも効果があります。キャベツのホットサラダなどがあります。トマトに含まれる赤い色素は抗酸化作用をもつリコピンであり、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の酸化を抑制してくれるので、メタボ予防にはかかせない栄養素です。 食物繊維をとることも大切ですが、食物繊維を多く含んだ野菜としては、ごぼうがあります。ごぼうと豚肉の煮付けも良いでしょう。漬物も食物繊維が多く含まれていますが、メタボ対策も含めて、キムチがお奨めです。キムチに含まれる辛味成分カプサイシンは、脂肪燃焼の効果があります。



当サイト人気コンテンツ

メタボ解消運動
メタボリックシンドロームの予防や治療のためには、まずは、運動が有効でしょう。別の言い方をすれば、メタボ検診などで検査される項目も、運動により、いかに改善されているかが数値で確認しやすいものです。まずは・・・ 続きを読む

メタボの基準値
メタボリックシンドロームとは「代謝異常を引き起こす病気が重なっている状態」とされます。メタボリックシンドロームのメタボリックとは、元は代謝を意味するメタボリズムの事で、代謝異常や代謝障害という意味です。これに・・・ 続きを読む

メタボ対策レシピ
メタボ対策としてふさわしい食材とレシピを紹介しましょう。
■いわし料理=いわしには良質なたんぱく質や脂肪・ビタミンD含まれ、いわしがもつカルシウムやチーズのカルシウムの吸収を助けるため・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 予防と改善について
★ 生活習慣と食生活
★ エクササイズで解消
★ 内蔵肥満とは
★ 有酸素運動で予防
★ 食生活改善で解消