メタボリック症候群@情報館


メタボ検診について

メタボ検診は、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値を検査します。検査方法自体は、お腹の周りをメジャーなどで計測したり、血液検査を行うというもので、特に大規模に行われるものでもありません。血液検査に関しても、従来の健康診断でも行われている事なので、メタボ検診用に特別な検査方法が用いられるという事はないので、あまり深刻に考えずに検診を受けると良いでしょう。

メタボ検診の義務化で、一般の人たちが得られるメリットとしては、自分でも気が付いていなかったメタボリックシンドロームや生活習慣病の予兆に、早いうちに気が付く事ができる、という点でしょう。血糖値やコレステロール値などは、サラリーマンでも、大手企業で定期的な健康診断を受けている人以外、なかなか知ることが出来ない数値なので、こういった検査機会が設けられるのは、良いことでしょう。

ただ、自分の状態を知っても、改善の意思がなければ、意味がないと言えます。つまり、メタボと診断された人に対しての対処法も課題と言えるでしょう。メタボ検診の際、もし問題があった場合、指導を受けることになります。ただ、その指導時間は短いもので、どうしても気になり、詳しい説明を受けたい場合、個人で病院へ行くか、あるいは管理栄養士に助言を要請することになるので、料金が発生します。

ところが、予備知識もなしに説明を受けても、理解しにくいかもしれません。こうした人たちの為に、現在様々な所でメタボについての講座が開かれています。講座によって有料だったり無料だったりですが、有料の場合でもさほど費用はかかりません。講座は、主に医学博士や管理栄養士、大学教授などといった専門家により、ダイエットに対する正しい知識と、メタボリックシンドロームの予防方法などをわかりやすく解説します。メタボ検診を受ける前に、こうした講座を聴講するのも良いでしょう。 (メタボの方はウォーターサーバーの申込みで満腹感が得られると評判?!一応チェックしてみて下さい。)



当サイト人気コンテンツ

メタボ解消運動
メタボリックシンドロームの予防や治療のためには、まずは、運動が有効でしょう。別の言い方をすれば、メタボ検診などで検査される項目も、運動により、いかに改善されているかが数値で確認しやすいものです。まずは・・・ 続きを読む

メタボの基準値
メタボリックシンドロームとは「代謝異常を引き起こす病気が重なっている状態」とされます。メタボリックシンドロームのメタボリックとは、元は代謝を意味するメタボリズムの事で、代謝異常や代謝障害という意味です。これに・・・ 続きを読む

メタボ対策レシピ
メタボ対策としてふさわしい食材とレシピを紹介しましょう。
■いわし料理=いわしには良質なたんぱく質や脂肪・ビタミンD含まれ、いわしがもつカルシウムやチーズのカルシウムの吸収を助けるため・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 予防と改善について
★ 生活習慣と食生活
★ エクササイズで解消
★ 内蔵肥満とは
★ 有酸素運動で予防
★ 食生活改善で解消