メタボリック症候群@情報館


メタボの基準値について

メタボリックシンドロームとは「代謝異常を引き起こす病気が重なっている状態」とされます。メタボリックシンドロームのメタボリックとは、元々は代謝を意味するメタボリズムの事で、代謝異常や代謝障害という意味です。これにシンドローム(症候群)が加わる事で、代謝異常症候群、となるわけです。

肥満や高血圧の具体的な状態は、国によって定義が異なりますが、一応、日本での基準としては、・肥満=腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の状態若しくはBMIが25以上。・高血圧=収縮期血圧(上)が130mmHg、拡張期血圧(下)が85mmHg以上・高血糖=空腹時の血糖値が110mg/dl以上・高脂血症=中性脂肪値が150mg/dl以上若しくは善玉(HDL)コレステロール値が40mg/dl未満。このようになっています。

この基準値はメタボ検診にもそのまま採用され、肥満に加え、他のどれか一つが基準値を超える場合、メタボと診断され、指導を受ける事になります。ただ、個人の体格、体質によって左右され、たとえいくつか基準値を超える場合でも、他の健康状態は極めてよく、なんら問題ない、というケースが多いのも事実なようです。このため、一部の医師からはこの基準値を疑問視する声もあり、今後は基準も変わってくるかもしれません。

問題なのは、メタボ検診としての実績自体がまだ少ない、ということで、今のところ、検診を受ける一人一人がサンプルのようなもの、との考え方もあります。メタボ検診が広まり、数値のデータが蓄積されれば、それだけ信憑性も増し、それが実績となって、確かな予防手段へと変わっていくと見られます。少なくとも、今の自分の健康状態を知るバロメーターとして、基準値を知っておくのも良いことでしょう。





当サイト人気コンテンツ

メタボ解消運動
メタボリックシンドロームの予防や治療のためには、まずは、運動が有効でしょう。別の言い方をすれば、メタボ検診などで検査される項目も、運動により、いかに改善されているかが数値で確認しやすいものです。まずは・・・ 続きを読む

メタボの基準値
メタボリックシンドロームとは「代謝異常を引き起こす病気が重なっている状態」とされます。メタボリックシンドロームのメタボリックとは、元は代謝を意味するメタボリズムの事で、代謝異常や代謝障害という意味です。これに・・・ 続きを読む

メタボ対策レシピ
メタボ対策としてふさわしい食材とレシピを紹介しましょう。
■いわし料理=いわしには良質なたんぱく質や脂肪・ビタミンD含まれ、いわしがもつカルシウムやチーズのカルシウムの吸収を助けるため・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 予防と改善について
★ 生活習慣と食生活
★ エクササイズで解消
★ 内蔵肥満とは
★ 有酸素運動で予防
★ 食生活改善で解消