メタボリック症候群@情報館


メタボ解消のための運動

メタボリックシンドロームの予防や治療のためには、まずは、運動が有効でしょう。別の言い方をすれば、メタボ検診などで検査される項目も、運動により、いかに改善されているかが数値で確認しやすいものです。まずは無理の無い範囲で初め、運動する事を習慣付けてみるのも良いことでしょう。

メタボリックシンドロームは内臓脂肪を減らす事で予防できますが、内臓脂肪は皮下脂肪と比較しても落としやすいとされ、運動によって比較的簡単に落とせるものです。

最もメタボ予防に有効なのは、有酸素運動です。まずは軽いジョギング位から始めると良いでしょう。運動が苦手なら、ウォーキングでも構いません。そして、過激な運動を短時間行うよりも、無理ない運動から始めて、継続的に行うのが大切です。まずは、ウォーキングを1時間くらい行うことから始めるとよいでしょう。時間をかけるということは、健康状態を保つ為だけでなく、精神的にゆとりを持たせるという意味では、決してマイナスばかりではありません。

既にメタボ気味で、ややお腹が出ている場合、転びやすいものです。運動の際には転倒にも気をつけたほうが良いでしょう、転倒などの事故を防ぐため、運動の前には必ず準備運動を行うようにしましょう。軽くストレッチなどを行い、体をほぐしておくことです。

また、メタボリックシンドロームと診断されている人は、運動を始める前にメディカルチェックを受けておきましょう。メタボは脳血管障害や心筋梗塞の予備軍でもあり、運動中に突然死をしてしまう可能性が高いのです。

体調が悪ければ無理はしないことです。風邪気味で熱があったり、二日酔いや寝不足の時は運動は休みましょう。とにかく無理せずに長く続けることが大事です。日常でも、エレベーターを使わずに階段を使ったり、一駅くらいの距離なら歩く。部屋の掃除を毎日こまめに行う、なども結構運動になるものです。

[スポンサードリンク]
テレビ局のヘアメイクの求人に応募してみよう!
芸能人に会えるかも!?日テレやテレ朝など人気のテレビ局のヘアメイクの求人を紹介中!