メタボリック症候群@情報館


内臓肥満とは

内臓肥満についてご説明しましょう。メタボリック症候群 の基準のひとつに、内臓肥満であるかどうかが重要な ポイントとなります。内臓肥満のこわいところは、かりに 今自分が内臓肥満の状態であっても、その状態に気付かな いでいることです。自分の体の中で悪いところは、痛みや しびれを感じたりすることによって、ここが悪いという サインを体内から発信しています。

しかし、なんの痛みもないまま、自覚症状がないうちに、 症状はみるみるうちに進行して、あわてて検査を受けて 結果に気付くという人も少なくありません。

がんや糖尿病なども、健康診断や検診をこまめに受けて いる人ならまだしも、今まで全然受けたことのなかった人 がはじめて受けて、病状が進行していて愕然すするような 結果がわかったあとではもう遅いということもあります。

内臓肥満に限らず早期発見・早期治療が大切です。内臓肥満 を知るには、基本健康診断の中で、おへその位置の高さで 腹囲を測るという検査をします。この数値が男性は85センチ 以上、女性は90センチ以上の場合、内臓型肥満と診断される ことになります。女性の方が男性よりも5センチも多いのは、 女性特有の皮下脂肪が男性より多い事から考慮されています。

内臓脂肪による肥満は、最近リンゴ型肥満とも呼ばれるよう になりました。中年の男性・女性に多くみられる現象ですが、 生活習慣や食生活の乱れによって、子供の内臓型肥満もまれ に見られます。一度、内臓脂肪型肥満になったら、もとの 正常な状態に戻すのは一苦労かもしれません。内臓脂肪が 蓄積するということは、日ごろの生活習慣や食生活の不摂生 が積もり積もって蓄積された状態でもあります。



当サイト人気コンテンツ

メタボ解消運動
メタボリックシンドロームの予防や治療のためには、まずは、運動が有効でしょう。別の言い方をすれば、メタボ検診などで検査される項目も、運動により、いかに改善されているかが数値で確認しやすいものです。まずは・・・ 続きを読む

メタボの基準値
メタボリックシンドロームとは「代謝異常を引き起こす病気が重なっている状態」とされます。メタボリックシンドロームのメタボリックとは、元は代謝を意味するメタボリズムの事で、代謝異常や代謝障害という意味です。これに・・・ 続きを読む

メタボ対策レシピ
メタボ対策としてふさわしい食材とレシピを紹介しましょう。
■いわし料理=いわしには良質なたんぱく質や脂肪・ビタミンD含まれ、いわしがもつカルシウムやチーズのカルシウムの吸収を助けるため・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 予防と改善について
★ 生活習慣と食生活
★ エクササイズで解消
★ 内蔵肥満とは
★ 有酸素運動で予防
★ 食生活改善で解消