メタボリック症候群@情報館


メタボリック症候群の予防と改善について

生活習慣病というと、仕事に多忙でお酒をよく飲む中年男性に 多いのではと思われがちですが、最近は、日本人の食生活が 欧米化して、肉食中心となってきたことも原因のひとつです。 成人だけでなく糖尿病になる子供がふえてきたことも、決して 珍しくありません。つまり、子供がメタボリックシンドローム にかかるということも、十分あり得ます。

最近は「飽食の時代」と言われています。昔の食生活と現代の 食生活では、全然違います。昔は玄米・ひえ・あわ・きび・麦 など雑穀類が主食で野菜中心でしたが、今は魚や肉が中心で、 それに対して野菜の量が少なく、便秘や高血圧の症状の人が 増加傾向にあります。

メタボリック症候群を予防するには、今の食生活を見直して みることが必要です。だからといって、今まで毎日白米を 食べていたのに、玄米やあわ、ひえなどに変えようと思っても、 無理があるかとは思いますが肉食を少しずつ減らして野菜の 割合を増やしたり、できることから少しずつ改善することを 心がけるといいでしょう。カロリーの高い食事、間食、清涼 飲料やスナック菓子の摂り過ぎには要注意です。

食事をしたあとの満腹感が得られないと、ついお菓子を食べる 習慣がついていませんか?このような習慣が身についていると、 1日に必要な摂取エネルギー量を超えてしまい、さらに体内に 必要な栄養素であるビタミン・食物繊維・ミネラル・カルシウム などが不足してしまう可能性があります。改善策としては、 1日に食べた食事の内容を記録しておくことです。

[PR]MRに強い転職エージェント人気ランキング